引越し料金が最も高い時期・安い時期のまとめ

 

引越し料金が最も高い時期は、新生活がスタートする3月・4月です。

 

進学や就職に伴って引越しをする人が最も増える時期であるため、業者としても強気になります。

 

 

値下げ交渉に応じてもらえないどころか、早い段階で予約しておかなければ希望の日時に予約を受け付けてもらえないことさえあります。

 

 

転勤や異動が増える7月後半~10月前半も、3月・4月ほどではありませんが若干料金が高くなる傾向にあるため、引越しの料金をなるべく安くしたいのであればこの時期の引越しもできる限り避けましょう。

 

 

また、繁忙期かどうかには関わらず、平日よりも土日祝日のほうが料金は高く、さらに人気の午前中の引越しも高額になる場合がほとんどです。

 

つまり、引越しで最も料金が高くなるタイミングとしては「3月・4月」の「土日祝日」の「午前便」ということになります。

 

 

反対に安くなるのは、繁忙期とその前後を除いた1月、5月、6月、11月、12月ということになります。

 

 

特に狙い目となるのが11月~1月です。

 

 

この時期は寒いですし、多忙な年末年始を控えて自宅でのんびり過ごそうと考える方も多いため、引越し業者は特に暇になりますから、繁忙期と比較して格安での引越しを望める時期です。

 

この時期の平日となれば特に人気が下がりますから、そこを指定する人は引越し業者にとって喉から手が出るほど欲しいお客さんです。

 

 

かなり強気に出たとしても値下げ交渉に応じてもらえる可能性が高く、様々な引越し業者から見積もりを取ると激しい価格競争による恩恵を受けることができます。

 

まとめると、引越し料金が最も安い時期「11月~1月」の「平日」の「午後以降の引越し」ということになります。

 

 

特に引越し時期にこだわりが無いのであれば、このタイミングを選択することをおすすめします。