引越し後のダンボールを廃棄する方法とマナーについて 

 

引越し完了後に真っ先に不要になる物と言えばダンボールです。

 

運搬には欠かすことができず、大いに役立ってくれたダンボールですが、いざ引越しが完了してしまえば一転して厄介者になってしまうダンボールは、どのようにして廃棄すれば良いのでしょうか。

 

最も便利な方法なのは、引越し業者に不要なダンボールを引き取ってもらい廃棄してもらうという方法です。

 

 

多くの引越し業者がダンボールの回収を契約条件に盛り込んでいますから、遠慮なく回収を申し出て引越し業者にダンボールを廃棄してもらいましょう。

 

ただし、期限が設けられています(1ヶ月以内、3ヶ月以内など業者で異なる)ので、回収の期日までにダンボールをまとめて準備しておかなければなりません。

 

 

ガムテープは剥がして、手渡された時のように折り畳んで回収してもらいましょう。

(電話連絡を入れるのみで立ち会う必要はありません。)

 

もしも回収期限までに荷解きが間に合わなかったという場合には、古紙回収業者に依頼すれば無料で回収してもらうことができます。

持ち込みの場合は無料、回収が必要な場合は有料となるケースがほとんどです。)

 

 

通常のごみと同様にごみ置き場に廃棄しても良いのですが、あまりにも大量のダンボールを集積所に並べると他の住民の迷惑になってしまう可能性があるためあまりおすすめできません。

資源回収日が月1度各自治体でご用意されているのでご確認ください。)

 

また、近所にホームセンターや大型のスーパーなどがある場合には、各ショップで仕入れの際に不要になったダンボールと一緒に回収し廃棄してもらえる可能性もあります。

 

 

いきなりダンボールを持ち込んで交渉することはマナー違反になりますから、事前に事情を説明し、回収してもらえるか交渉してみると良いでしょう。

 

 

また、ダンボールを廃棄する際には分別がしやすいようにできる限りガムテープを取り除き、さらに名前や住所などの個人情報が記されている場合には当該箇所を塗り潰すなどして個人を特定されないための対策を施しておきましょう。